債務整理に強い弁護士|任意整理〜過払い金請求まで扱う事務所

弁護士の人に借金について無料相談をした

私が債務整理をした話を少し紹介したいと思います。まず債務整理という言葉を知らずに、とりあえず誰にも借金の事を言えずにどうすることも出来ないまま過ごしてきた結果、借金が増えてきて手に負えないようになってきたので、親よりは何百倍も相談しやすかった伯父さんに相談したところ色々と弁護士や司法書士の人に聞いてくれたみたいで債務整理をした方がいいとの事でした。

その時に初めて「債務整理」といった言葉を知り、自分で調べてみると自己破産とかの方法の事を指すんです。

さすがに自己破産ぐらいは聞いた事がありましたが、まさか自分がこんな債務整理を考えなければいけない事になるとは。

そして後日に弁護士の人に無料相談する事になりまして、債務整理の事や借金が出来たきっかけや状況など色々と話をして私がすすめられたのは「任意整理」か「自己破産」のどちらかでした。

世間体を気にするのであれば間違いなく任意整理を選びますが、任意整理は結局利息はなくなりますが、5年ほどで返済はしていかないといけないので今まで通り返済から逃れる事は出来ません。
※あくまでも私自身のケースなので減額が大きい人もいます

自己破産をするにしても任意整理をするにしてもブラックリストになる事自体は変わらなかったし、任意整理をしても絶対に返済出来る自信はなかったので結局「自己破産」を選ぶことに。

手続きをするにしても結構高くて弁護士費用はどうすればいいのだろうかと思ってはいましたが、弁護士の人が相談時に法テラスを利用すると弁護士費用を少し負担してくれたり分割での返済も可能だということです。債務整理に強い弁護士事務所ならその辺の話も丁寧に教えてくれるはずです。

弁護士や司法書士への報酬負担は大きいので誰でも利用出来るわけではありませんが、利用出来るのであればとても嬉しいですよね。

経験者が語る!失敗しない弁護士の選び方

私が借金返済が滞ってどうしようもなくなり弁護士の先生に相談して、結果的に債務整理を経験して分かった事なのですが、結局のところは専門家なのでどこに相談しようが、債務整理手続きする事にそれほど違いはありません。 ただでさえ借金で失敗しているので、これ以上失敗したくはない状況です。

ですので、どこに相談すればいいのか?
どこに依頼をすればいいのか?
と慎重になるのは私がそうだったので誰もが同じ心境かと思います。

しかし、債務整理経験を通して分かった事は相談先である事務所選びを間違えると結果的に失敗する事があります。 失敗というのは手続き上の事ではなく、後々の生活上の事です。

債務整理には払えなくなった借金を減らしたり、免除したりする制度なのでメリットは十分にありますが、当然デメリットはあります。 その人の状況によってデメリットは全然違ってくるので、いかに相談をしっかりして弁護士の先生があなたの事を理解して最適な手続きをしてくれるのかがポイントとなると判断しました。

選び方を簡単に紹介すると無料相談窓口を利用して「この先生なら大丈夫だ!」と安心出来る事務所を選ぶこと、そして「話がしやすくてあなたの事を理解してくれる親切な事務所」を選ぶのが一番失敗しません。 こちらから気になる借金状況の事や心配している事などを相談すれば弁護士の先生はどんどんあなたに最適なプランを提案してくれます。

債務整理に強い弁護士って?

債務整理では裁判所を通さずに手続きが出来る「任意整理」と裁判所を通して手続きする「個人再生」「自己破産」がありますが、最低限の知識、実務経験はあるとして弁護士として実力が分かるのは任意整理です。

任意整理は任意で交渉をして今後の返済方法を話し合います。 また、任意整理では「過払い金」があれば大幅な減額を期待することも出来るんですが過払い金がどれだけ取り返せるのかも交渉力によって大きく変わります。

債務整理を任せるのに、どこの法律事務所でも同じだと思っている方がいましたら危険な思い込みだと思っています。

借金問題を最短で解決するには?

借金問題、または債務整理などは周りの人には話しを出しにくいものだし、元から誰に相談すべきかもわからないのが普通です。

そうした場合は、信用のおける法理の専門家などに相談することをおすすめします。

債務の縮小や返済方法の変更を法律に根差して実施するという債務整理をしますと、それ自体は信用情報に事故情報として載せられますので、自家用車のローンを組むのが大変になるとされているのです。

一人で借金問題について、悩んでしまったりふさぎ込んだりすることはもうやめにしませんか?弁護士などの力と経験に任せて、一番良い債務整理を敢行してください。
個人再生を希望していても、ミスってしまう人もいらっしゃるようです。当たり前ですが、各種の理由が考えられるのですが、しっかりと準備しておくことが重要となることは言えるのではないかと思います。

借金返済の財力がない状況であるとか、貸金業者からの催促が怖くて、自己破産を考慮しているなら、一日も早く法律事務所を訪ねた方がいいと思います。 聞いたことがあるかもしれませんが、小規模個人再生と申しますのは、債務の合算額の20%か、それが100万円以下だったら、その額を3年の内に返していくということですね。

信用情報への登録については、自己破産だったり個人再生をした場合に登録されるのではなく、ローンや借入金を予定通り返していない時点で、ちゃんと登録されていると言って間違いありません。 弁護士または司法書士に任意整理を頼んだ時点で、貸金業者からの毎日の督促が一時的に止めることができます。精神面で落ち着けますし、仕事は勿論の事、家庭生活も満足できるものになるはずです。

フリーの借金相談は、当社ウェブサイトにある質問フォームより行なっていただけます。弁護士費用が払えるかどうか気に掛かっている人も、十分にリーズナブルに応じていますから、心配することありません。 借金返済に伴う過払い金はまるっきしないのか?自己破産が最良の方法なのかなど、あなたの実態を考慮したときに、どのような手法が最も適合するのかを押さえるためにも、弁護士と面談の機会を持つことが大切です。

債務整理が実行された金融業者においては、5年間という月日が経った後、事故記録を未来永劫保管し続けますから、あなたが債務整理手続きをした金融業者に依頼しても、ローンは組めないということを知っておいた方が良いと思われます。 このページに掲載している弁護士事務所は、躊躇っていた人でも気楽に足を運ぶことができ、思い遣りの気持ちをもって借金相談にも応じて貰えると噂されている事務所なのです。

債務整理後にキャッシングは言うまでもなく、新たに借金をすることは禁止するとするルールはないのです。にもかかわらず借金できないのは、「貸してくれない」からだと言えます。 過払い金と言いますのは、クレジット会社あるいは消費者金融、加えてデパートのカード発行者などの貸金業者が、利息制限法を遵守しないで集めていた利息のことを指しています。 債務整理を実施すれば、それについては個人信用情報に記録として残ることになりますので、債務整理をしてしまうと、これまでとは違った会社でクレジットカードを作りたいと申請しても、審査に合格することはあり得ないのです。

債務整理をするメリット&デメリット

無料相談の時に詳しく弁護士や司法書士の先生に教えて貰えるはずですが、ここで債務整理をすることでどんなメリットがあってデメリットがあるのかをザッとでも把握しておきましょう!

メリット

取り立てされていたのであれば直接的な取り立てがなくなり、やり取りも弁護士や司法書士とのやり取りのみになる

過払い金があったり、利息の返済がなくなることで、借金返済が以前よりも楽になり債務整理の方法によっては借金から完全に解放される。

借金返済へのゴールが見える

デメリット

ブラックリスト

債務整理をすると信用情報に登録され、5年〜10年はブラックリストとして新規のクレジットカードが作れなかったり、今あるクレジットカードが使えなくなる。また、ローン全般の審査にも通らなくなる。

連帯保証人に迷惑がかかる

債務整理をする前にどういった借金かによっても変わりますが、連帯保証人や保証人がいれば債務整理をしても、その人達のところに返済義務が残ってしまいます。親にバレたくなくても借金の保証人が親だとすれば自分が債務整理をしても親の所に返済義務が残るということです。

キャッシングをキャッシングで返すのは超危険!借金地獄から脱出する唯一の方法

借金相談者に評判の良いおすすめ弁護士事務所

当サイトが一番オススメするのがサンク総合法律事務所。 債務整理に一番大事な「相談」が完全無料でとにかく丁寧で親切と口コミでも評判が良いです。 全国から問い合わせも多くて非常に人気! 24時間いつでも無料で電話からでもメールからでも相談出来る為、なんのリスクもなく借金解決に協力してもらえます。

サンク総合法律事務所のおすすめポイント

  • アットホームな雰囲気がウリの弁護士事務所
  • 事務所全体を通して借金に精通している
  • 総合事務所で解決方法が豊富
  • 後払いや分割払いなど費用面も柔軟に対応
  • 全国どこでも相談から依頼まで可能
  • 弁護士vs司法書士

    債務整理の手続きをするには一般的に弁護士か司法書士へ依頼をします。

    で、そこで疑問になるのが弁護士と司法書士ではどちらに依頼をすれば良いのか?といった疑問です。

    どちらが良いというわけではありませんが、確実な債務整理手続きを任せたい!という人には当サイトでは弁護士をおすすめしています。

    元々司法書士は債務整理業務は出来ませんでしたが、過払い金ブームなどから弁護士が不足したのをきっかけに司法書士も範囲に制限を設けて、弁護士の不足分を補えるように業務が可能になりました。

    ですので、弁護士よりも借金問題に詳しい司法書士は中々いない。というのが当サイトでの見解です。

    本当のベテラン専門家を探すのであれば間違いなく弁護士を選ぶべきです。

    先ほどの話に戻り、司法書士の業務範囲というのが債務金額に対して140万円以下に限るとされています。

    最近まで一社あたりの債務金額なのか全体に対しての金額なのかなど曖昧になっていましたが、裁判所が140万円以下と定めています。

    だからといって司法書士には頼めないわけではなく、書類作成や助言は出来るので完全に任せる事は出来ませんが可能ではあります。

    債務整理における弁護士と司法書士の違いを一言で例えるとすればセルフかセルフじゃないかと思ってもらえれば分かりやすいかと思います。

    債務整理=自己破産ではない

    借金相談をする人の中には借金返済が出来なくなった=自己破産するしかないと思っている人がいます。

    借金返済が出来なくても債務整理手続きをして自己破産以外で借金を減らす事も可能なんですね。

    債務金額と収入や資産など総合的な事を考えて方法は選ぶべきなので、返済出来ないから自己破産と一概には言えないんです。

    本当に返済の目処がつかないようなら自己破産しかないとは思いますが、持ち家がある場合で家を残したいのであれば個人再生ですし、金利さえなくなれば3年ぐらいで返済出来そうといった人、過払い金で借金が大幅に減りそうなどの人には任意整理といった方法が法的にあるのでなんとかなるんですね。

    世間のイメージでは借金が払えなくなった=自己破産になっているので人生の終わりのように扱われていますが、そんな事はなくて一度ゼロにして再スタートといった方が良いかもしれません。